院長 天野 | NO:1514 | 丸亀市の歯科 あまの歯科ファミリークリニック

医院ブログ

2020年10月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

 

最近の投稿

 

 

無料メール相談
小冊子プレゼント

Dr.より

平日夕方、あるいは土曜日になると、子供達の元気な声が聞こえます。学校帰りで宿題をしながら待つ子、キッズルームで思う存分遊んで順番を待つ子、中には兄弟全員で検診を受けにくる家庭もあります。兄弟だけで3人、母親(あるいは父親)も同時に検診を受けるとなると4人連れで来院されるご家族もいらっしゃいます。

3人の子供の仕上げ磨きに自分自身もとなると、かなりの労力を要しますが、それを数年間毎日欠かさずとなると頭の下がる思いです。

「きちんとできてますか?」の問いかけに「もう十分できています。100点満点です!」とお答えしています。

どうぞこれからも頑張りすぎないで、お口の健康を守り育ててください。

もう十分に頑張ってますよ。

2016年09月16日 10:22|コメント(0)トラックバック

Dr.より

先日、私たちのクリニックには、「いただき物」をプレゼントしてくださる方が多くいらっしゃると書きましたが、ふと考えさせられました。

このままでいいのだろうか。その場の「ありがとうございます」だけでいいのだろうか?と、、。

そこで早速お礼のお手紙の書き方(本)・ハガキ・特殊切手・筆ペンを購入し、当日、遅くても翌朝にはお礼状を出せるよう準備をしました。

地域密着というと言葉は簡単でよく使われますが、最初はどうすればいいか分かりませんでした。しかし、最近になって、実は当たり前のことを当たり前にするだけなのでは?と考えるようになりました。

つまり、いただいた物があれば即、お礼状や手紙を書く、道端や買い物先で会えば挨拶をする、「その後、具合はいかがですか」などと声をかけるなどです。

これからも当たり前のことをして、地域のみなさまのお役に立てるよう頑張っていきます。

2016年09月15日 11:12|コメント(0)トラックバック

Dr.より

先日、来院した小学生の男の子のカルテに「本日お誕生日」と書いてあったので、治療開始前に「今日はお誕生日なんだね、おめでとう〜」としばらく話をしました。

男の子はとてもうれしそうにしばらくの間、プレゼントは何かなど話してくれました。普段はほとんど喋ってくれなかったのですが、思いの他、喋ってくれて少し驚きました。実はほとんどの方がそうなのでは?と考えるきっかけになりました。

その人自身のことをもっと知りたいと思うことが、より良い関係を築くのでしょう。

人は誰でも自分のことを特別でありたい、特別に扱ってほしいと願うものです。

これからも来てくださる方々に、心を込めて接していきたいと思いました。

2016年08月29日 10:45|コメント(0)トラックバック

Drより

私たちのクリニックには検診で来院される方がとても多いのですが、幼い子ばかりではなく、ご高齢の方も結構いらっしゃいます。もちろん過去に様々な理由で歯を失ってしまっている方もいらっしゃいますが、中には驚くほどきれいな状態で全ての歯を残している方もいます。

今の時代ほど「歯を大切に」という価値観が定着してなかったはずですが、それでも良い状態で維持できているということは恐らく良い食習慣と適切な歯科医院との関わり方があったからではないかと思います。

歯科医院はもちろん治療する場でもあるのですが、悪くならないようにする場、あるいは良い状態を維持し、さらに健康増進させるために通う場でもあります。

ぜひこの機会に悪くなくても「ちょっと通ってみるか、掃除でもしてもらおうか」「気になることはないけど、チェックだけでもしてもらおうかな」「子供を診てもらうついでに私も診てもらおうかしら」と軽い気持ちでいらしてください。

ひとつの思い切った行動が良い習慣の始まりになるはずです。

2016年08月26日 10:06|コメント(0)トラックバック

Drより

最近、来院してくださる方からよく心のこもった物をいただくことがあります。

わざわざ手作りの作品を作ってくださる方(なんと子供さんが作ってくれた作品もあります)

早朝、お店に行ってわざわざ買って来てくださる方、自分の畑で作ったものを持って来てくださる方、お庭に咲いてある花がクリニックに似合うだろうから持って来ましたという方、心癒されますよと言ってメダカを(水槽ごと)持って来てくださった方、ボクの大好きな本だけどみんなに読んでもらいたくて持って来たよ、という子、私たちの子供が小さい頃使っていた思い出もおもちゃをよかったら使ってください、旅先でお土産を買ってきました…。

何とありがたいことでしょう。

嬉しいのは、日常生活の中に私たちのことをふと思い出して行動してくださることです。こんなに嬉しいことはありません。

これからも心を込めて、みなさまのお役の立てるよう頑張り続けたい!そう思わせるに充分な心と心のやりとりだと感じました。

2016年08月22日 12:05|コメント(0)トラックバック

Dr.より

毎年夏休みになると思うことがあります。

学校などがあるときは昼食後歯磨きする時間が設定してあるため良いのですが、長期休暇中になると生活習慣の乱れ、清涼飲料水等の頻回摂取により、お口の健康を損なうことになるのでは……とついつい考えてしまうわけです。

しかし当院に来てくれている大半の子供たちが、規則正しい生活を送り、多少ジュースの量が増えたにしても、きちんと日頃から丁寧に歯磨きしていることに感心しました。

夏休みに入った途端、「さぁ遊ぶぞ!」と思う子供たちも多いとは思いますが、私たちのところには、夏休み入ってすぐの1週間くらいに子供たちの検診が殺到して、予約の取りにくい状況となっていました。とても嬉しいことでした。

これからもお口の健康管理に関心を持ち続けてほしいと願う一方で、私たちも改めて自分たちのやりがいと責任を感じることができ、幸せな時間を過ごすことができました。

2016年08月20日 10:52|コメント(0)トラックバック

3/31ビンゴ出目(ラスト)

image

ラストの今日の出目は

 

34

 

です!

 

ビンゴの方はいらっしゃるでしょうか…ドキドキ

 

〈これまでの出目〉

45、60、53、59、2、75、9、14、36、37、57、54、67、27、43、7、68、46、21、13、34

2016年03月31日 08:35|コメント(0)トラックバック

先日に続き「あまちゃん」です

私たちのクリニックは、季節ごとにイベントを開催しています。

毎回そのイベントを楽しみにしている方もいるほどです。

夏休み期間中の二日間、近隣の小学校のご厚意で児童がお仕事体験できるという

イベントを行うことになりました。今回は、ある男の子のお話です。

その男の子は私たちのイベントに参加したかったのですが、企画内容が「親子で参加」

だったため、両親が共働きである男の子は、子供だけで参加できるか心配だったようです。

その男の子は私のところに駆け寄ってきて言うのです。「子供だけでも参加できるの?」

私はすぐには返事ができませんでした。

なんとも言えない淋しそうな男の子の顔・・・。

「行きたくても行けない人」が大勢いるにもかかわらず、「来てくれた人だけしか見えていなかった」事実。

私たちはイベントを開催するにあたって、内容にのみとらわれがちですが、日時、

参加条件等も重要であると認識させられたとても大きな出来事でした。

2013年07月03日 08:35|コメント(0)トラックバック

初めての投稿「あまちゃん」です。

先日、初めて当院に足を運んでくださった女性の方が帰り際にぽつり。「ここで働いている人はみんな笑顔だね」

そう言いながら来た時とは別人のような満面の笑顔で帰られました。

私は終業時の報告でスタッフから聞いたのですが、なんともうれしい出来事でした。

笑顔で帰ることができるということは、滞在時間中の応対に満足しているということだと思います。

誰か一人でも応対が悪ければ、この女性は笑顔になれなかったでしょう。

私たちはお口の健康を守り育てるだけでなく、歯医者に来るのが楽しくなるような歯科医院でありたいと願っております。

私たちはこれからもこの女性のように、気分よく満面に笑みをたたえて帰られる人が

一人でも多く増えるよう頑張ります。

2013年07月02日 01:14|コメント(0)トラックバック

ページの先頭へ戻る